大場正男がペーパースクリーンの版画で制作した絵を通販で販売しています。

全国送料無料

返品OK!

全国送料無料

返品OK!

全国送料無料

返品OK!

絵画・版画の販売の専門店

株式会社アートギャラリーモトカワ

〒861-4101 熊本県熊本市南区近見6丁目1−57
営業時間10:00〜19:00
TEL 096-322-5222 水曜・定休日 info@motokawa.com

お問い合わせは
お気軽にお電話ください

096-322-5222

お問い合わせは
お気軽にお電話ください

096-322-5222

お問い合わせは
お気軽にお電話ください

096-322-5222

  • 画家募集
  • 新入荷の絵画

価格で探す

  • プレゼントやインテリアに最適な5000円の絵
  • プレゼントやインテリアに最適な1万円以内の絵
  • プレゼントやインテリアに最適な3万円以内の絵画や版画
  • プレゼントやインテリアに最適な5万円以内の絵画や版画
  • プレゼントやインテリアに最適な10万円以内の絵画や版画
  • プレゼントやインテリアに最適な20万円以内の絵画や版画
  • プレゼントやインテリアに最適な30万円以内の絵画や版画
  • プレゼントやインテリアに最適な30万円以上の絵画や版画

版画の作品

  • リトグラフ
  • シルクスクリーン
  • 木版画
  • 銅版画
  • ジークレーの版画
  • その他の技法の版画

絵画の作品

  • 油絵
  • アクリル画の絵画
  • 水彩画
  • ガッシュ
  • ミクストメディアの絵画
  • パステル画
  • 日本画
  • 墨彩画
  • その他の技法の絵画

イメージで探す

  • 現代アート
  • 抽象画
  • 和の絵
  • 猫
  • 花
  • 桜
  • 海
  • ポップアート
  • 馬
  • 富士山
  • 阿蘇や熊本

アート・ギャラリー・
モトカワおすすめ作家

  • 池上壮豊
  • 内藤謙一の水彩画の絵画
  • 朝日みおの銅版画
  • マイケル・ルーの猫のポップアート
  • 石井清の北欧の絵の絵画や版画
  • コーダヨーコのミクストメディアの絵画
  • 種田山頭火の俳句の世界を描いた小崎侃の木版画
  • 瀬崎正人のクレヨン画の絵画
  • 香月和夫が描いた猫
  • 草薙涼子の木版画
  • 熊本が生んだ超人気作家・瀧下和之
  • デビット・シュノイヤー
  • 中野克彦が描いたパリの油絵の絵画
  • 造形作家・西村芳弘の造形作品
  • アノラ・スペンスのシルクスクリーン
  • ブルー・ストーンのポップアート
  • 吉岡浩太郎のシルクスクリーン
  • 吉村明子のシルクスクリーン
  • 若松愛子
  • 田原健二
  • 白駒一樹
  • 南正雄
  • 大場正男
  • チョン・ドンジュ
  • 絵画に関してよくあるご質問
  • ご購入済みの絵画
  • 写真で見る絵画の飾り方
  • 絵画の基礎知識

お問い合わせは
お気軽にお電話ください

096-322-5222

大場正男のペーパースクリーンの版画のコーナーへようこそ!


各作品の上でクリックして頂きますと版画の詳細な情報と大きな画像がご覧頂けます。

ごゆっくりどうぞ・・・。

★絵の下の表記は上から順に
作品名・絵だけのサイズ・額装サイズ・価格(税込価格)となっております。



全1ページ / 1ページ





大場正男先生はペーパースクリーンという版画の技法の先駆者です。

ペーパースクリーンとは和紙を版にした孔版画の一つで、孔版画の中でも最も新しい技法です。

版作りと刷りを交互に繰り返してゆく一版多色刷りを基本とし、孔をふさぐ版式のものです。

版画でありながら、仕上がりが油絵のようなところが特徴的です。

大場正男先生は2008年に亡くなるまで、数多くのペーパースクリーンの版画を制作されました。

1980年には美智子妃殿下がご収蔵され、瞬く間に有名作家となり、1983年にはスウェーデンアカデミー文化賞を受賞されました。

1998年には、第17回国際蔵書ビエンナーレ展で大賞を受賞されるなど、世界の大場正男となりました。

今では各国の美術館や大学などが、大場正男先生のペーパースクリーンの版画をコレクションしています。

しかし残念ながら2008年以降、マーケットからはどんどん作品が無くなり、今ではほとんど出てきません。

出てきても保存状態の悪い作品が多いようです。

アートギャラリーモトカワでは、オークションや交換会などに出品される大場正男先生の作品をできるだけこまめに買い付けし、良品だけをお客様にご紹介していくつもりです。

大場正男先生のペーパースクリーンの版画のファンやコレクターの方々に、注目していただけるサイトになるよう努力していきたいと思っております。