クレヨン画の絵画で瀬崎正人が描いた美しい海や空や花の絵を通販で販売しています。

全国送料無料

返品OK!

全国送料無料

返品OK!

全国送料無料

返品OK!

絵画・版画の販売の専門店

株式会社アートギャラリーモトカワ

〒861-4101 熊本県熊本市南区近見6丁目1−57
営業時間10:00〜19:00
TEL 096-322-5222 水曜・定休日 info@motokawa.com

お問い合わせは
お気軽にお電話ください

096-322-5222

お問い合わせは
お気軽にお電話ください

096-322-5222

お問い合わせは
お気軽にお電話ください

096-322-5222

  • 画家募集
  • 新入荷の絵画

価格で探す

  • プレゼントやインテリアに最適な5000円の絵
  • プレゼントやインテリアに最適な1万円以内の絵
  • プレゼントやインテリアに最適な3万円以内の絵画や版画
  • プレゼントやインテリアに最適な5万円以内の絵画や版画
  • プレゼントやインテリアに最適な10万円以内の絵画や版画
  • プレゼントやインテリアに最適な20万円以内の絵画や版画
  • プレゼントやインテリアに最適な30万円以内の絵画や版画
  • プレゼントやインテリアに最適な30万円以上の絵画や版画

版画の作品

  • リトグラフ
  • シルクスクリーン
  • 木版画
  • 銅版画
  • ジークレーの版画
  • その他の技法の版画

絵画の作品

  • 油絵
  • アクリル画の絵画
  • 水彩画
  • ガッシュ
  • ミクストメディアの絵画
  • パステル画
  • 日本画
  • 墨彩画
  • その他の技法の絵画

イメージで探す

  • 抽象画
  • 和の絵
  • 猫
  • 花
  • 桜
  • 海
  • ポップアート
  • 馬
  • 富士山
  • 阿蘇や熊本

アート・ギャラリー・
モトカワおすすめ作家

  • 池上壮豊
  • 内藤謙一の水彩画の絵画
  • 朝日みおの銅版画
  • マイケル・ルーの猫のポップアート
  • 石井清の北欧の絵の絵画や版画
  • コーダヨーコのミクストメディアの絵画
  • 種田山頭火の俳句の世界を描いた小崎侃の木版画
  • 瀬崎正人のクレヨン画の絵画
  • 香月和夫が描いた猫
  • 草薙涼子の木版画
  • 熊本が生んだ超人気作家・瀧下和之
  • デビット・シュノイヤー
  • 中野克彦が描いたパリの油絵の絵画
  • 造形作家・西村芳弘の造形作品
  • アノラ・スペンスのシルクスクリーン
  • ブルー・ストーンのポップアート
  • 吉岡浩太郎のシルクスクリーン
  • 吉村明子のシルクスクリーン
  • 若松愛子
  • 田原健二
  • 白駒一樹
  • 南正雄
  • 大場正男
  • チョン・ドンジュ
  • 絵画に関してよくあるご質問
  • ご購入済みの絵画
  • 写真で見る絵画の飾り方
  • 絵画の基礎知識

お問い合わせは
お気軽にお電話ください

096-322-5222

「風の島」のクレヨン画家・瀬崎正人のコーナーへようこそ!


各作品の上でクリックして頂きますと版画の詳細な情報と大きな画像がご覧頂けます。

ごゆっくりどうぞ・・・。

★絵の下の表記は上から順に
作品名・絵だけのサイズ・額装サイズ・価格(税込価格)となっております。



全1ページ / 1ページ





長崎県・平戸そのまた向こうに生月という島があります。

青く美しい海に囲まれた小さな島は“風の島”とも呼ばれ、大きな風力発電の為の風車がビュン・ビュンと音をたててたくさん回っています。

クレヨン画の画家、瀬ア正人さんはこの島に魅せられて佐世保から移り住みました。

オオバエ灯台のすぐそばにアトリエ兼住居を構え、生月の大自然に抱きしめられる様に生きています。

夜明けと共に家をとび出し朝日を浴びながら海や空や花をクレヨンで描き、日が暮れるまでのほとんどの時間を戸外でのクレヨン画の制作に没頭します。

よって瀬崎正人さんはいつも日焼けでまっ黒です。
そのスタイルはさながらかつてのミレーやコローのようなバルビゾン派の画家たちの様です。

“虹彩法”という瀬崎正人さん独自のクレヨン画の技法で風や温度や光を見事に紙上に写し取ります。

その美しいクレヨン画の色は描くというより「紡ぐ」と表現したほうが理解しやすいと思います。

コピーや印刷では決して出てこない色や風合いが瀬崎正人さんのクレヨン画にはあります。

瀬崎正人さんのクレヨン画の販売を始めて7年ほどが経ちますが、決してそのクレヨン画は見る人を飽きさせない奥深さがあります。

これからも一つ一つのクレヨン画を大切に販売していきながら、瀬崎正人という愛すべきクレヨン画家を世界中の人に知っていただけるよう努力していきたいと思っています。

いつか佐世保や平戸に行く機会があったら、ちょっと足を延ばして生月島へ寄ってみてください。

島のどこかでクレヨン画を描いている瀬ア正人さんに出逢えるかもしれません。