絵画の墨彩画で志摩欣哉が描いた不動明王の絵「南無不動明王」を通販で販売しています。

全国送料無料

返品OK!

全国送料無料

返品OK!

全国送料無料

返品OK!

絵画・版画の販売の専門店

株式会社アートギャラリーモトカワ

〒861-4101 熊本県熊本市南区近見6丁目1−57
営業時間10:00〜19:00
TEL 096-322-5222 水曜・定休日 info@motokawa.com

お問い合わせは
お気軽にお電話ください

096-322-5222

お問い合わせは
お気軽にお電話ください

096-322-5222

お問い合わせは
お気軽にお電話ください

096-322-5222

  • 画家募集
  • 新入荷の絵画

価格で探す

  • プレゼントやインテリアに最適な1万円以内の絵
  • プレゼントやインテリアに最適な3万円以内の絵画や版画
  • プレゼントやインテリアに最適な5万円以内の絵画や版画
  • プレゼントやインテリアに最適な10万円以内の絵画や版画
  • プレゼントやインテリアに最適な20万円以内の絵画や版画
  • プレゼントやインテリアに最適な30万円以内の絵画や版画
  • プレゼントやインテリアに最適な30万円以上の絵画や版画

版画の作品

  • リトグラフ
  • シルクスクリーン
  • 木版画
  • 銅版画
  • ジークレーの版画
  • その他の技法の版画

絵画の作品

  • 油絵
  • アクリル画の絵画
  • 水彩画
  • ガッシュ
  • ミクストメディアの絵画
  • パステル画
  • 日本画
  • 墨彩画
  • その他の技法の絵画

イメージで探す

  • 現代アート
  • 抽象画
  • 和の絵
  • 猫
  • 花
  • 桜
  • 海
  • ポップアート
  • 馬
  • 富士山
  • 阿蘇や熊本

アート・ギャラリー・
モトカワおすすめ作家

  • 池上壮豊
  • 内藤謙一の水彩画の絵画
  • 朝日みおの銅版画
  • 高橋文平の絵画
  • マイケル・ルーの猫のポップアート
  • 石井清の北欧の絵の絵画や版画
  • コーダヨーコのミクストメディアの絵画
  • 種田山頭火の俳句の世界を描いた小崎侃の木版画
  • 瀬崎正人のクレヨン画の絵画
  • 香月和夫が描いた猫
  • 本庄正彦
  • 熊本が生んだ超人気作家・瀧下和之
  • デビット・シュノイヤー
  • 中野克彦が描いたパリの油絵の絵画
  • 造形作家・西村芳弘の造形作品
  • アノラ・スペンスのシルクスクリーン
  • ブルー・ストーンのポップアート
  • 吉岡浩太郎のシルクスクリーン
  • 吉村明子のシルクスクリーン
  • 若松愛子
  • 田原健二
  • 白駒一樹
  • 南正雄
  • 大場正男
  • 志摩欣哉
  • 絵画に関してよくあるご質問
  • ご購入済みの絵画
  • 写真で見る絵画の飾り方
  • 絵画の基礎知識

お問い合わせは
お気軽にお電話ください

096-322-5222

南無不動明王

●画家名:志摩欣哉

●作品名:南無不動明王
●絵のサイズ:W29×H44cm
●額装サイズ:W50×H65cm
●絵画の技法:墨彩画 ※詳細
●サイン:作家の落款
¥120,000-(税込価格)
●納期:14日
※備考

○カートはいつでもキャンセルできます。

額装状況

作家の落款

額のアップ

○カートはいつでもキャンセルできます。


志摩欣哉 プロフィール


1943年大阪に生まれる。
1992年京都・三越祇園ギャラリーにて墨彩画の絵画の個展を開催する。
1995年高槻市・小寺池図書館にて「賢治の世界」で墨彩画の絵画の個展を開催する。
1997年京都・画廊とーべえにて「恋文」原画墨彩画の絵画展を開催する。
1998年大阪市・大丸心斎橋店にて「賢治も地蔵も大地の唄」の墨彩画の絵画展を開催する。
2013年以降に死去する。

志摩欣哉さんが墨彩画の絵画で描いた不動明王の絵「南無不動明王」は、見ているだけで有難い気持ちになるような墨彩画の絵画です。

不動明王の左側には「生きるべし。なにがなんでも生きるべし。」と書かれてあります。

不動明王は、もともとはヒンズー教の三大神の一人である「シヴァ」とされており、不動明王を祀る仏教は密教の一つです。

また不動明王は、五大明王(降三世明王、軍荼利明王、大威徳明王、金剛夜叉明王)の一人であり、五大明王の筆頭とされています。

「不動尊」、「大日大聖不動明王」、「不動金剛明王」、「無動尊」などの別名があることでも知られています。

一般的な仏教でのご本尊や仏像は優しい姿をしたものが多いですが、不動明王は悪を絶ち仏道に導くことで救済する役目を担っていることから恐ろしい表情をしているとされています。

怖い様相から「戦いの仏」のように見えますが、実際は迷いの世界から煩悩を断ち切るよう導いてくれる慈悲深い仏様です。

また日本では古くから「敵国退散の守護神」として扱われたり「疫病退散の守護神」としても扱われてきました。

志摩欣哉さんは不動明王の力を借りてでも、今を辛く生きている人たちのためになればという思いで、この墨彩画の絵画を描いたのだと感じます。

志摩欣哉さんが墨彩画の絵画で描いた不動明王の絵「南無不動明王」をぜひご自宅のインテリアやプレゼントとしてご購入ください。

またお近くにお越しの際にはお気軽に画廊へもお立ち寄りくださいませ。

ご利用案内