花の絵をリトグラフの版画で制作した藤島博文の和の作品「蘭夢」を通販で販売しています。

全国送料無料

返品OK!

全国送料無料

返品OK!

全国送料無料 返品OK!

絵画・版画の販売の専門店

株式会社アートギャラリーモトカワ

〒861-4101 熊本県熊本市南区近見6丁目1−57
営業時間10:00〜19:00
TEL 096-322-5222 水曜・定休日 info@motokawa.com

お問い合わせは
お気軽にお電話ください

096-322-5222

お問い合わせは
お気軽にお電話ください

096-322-5222

お問い合わせは
お気軽にお電話ください

096-322-5222

  • 画家募集
  • 新入荷の絵画

価格で探す

  • プレゼントやインテリアに最適な1万円以内の絵
  • プレゼントやインテリアに最適な3万円以内の絵画や版画
  • プレゼントやインテリアに最適な5万円以内の絵画や版画
  • プレゼントやインテリアに最適な10万円以内の絵画や版画
  • プレゼントやインテリアに最適な20万円以内の絵画や版画
  • プレゼントやインテリアに最適な30万円以内の絵画や版画
  • プレゼントやインテリアに最適な30万円以上の絵画や版画

版画の作品

  • リトグラフ
  • シルクスクリーン
  • 木版画
  • 銅版画
  • ジークレーの版画
  • その他の技法の版画

絵画の作品

  • 油絵
  • アクリル画の絵画
  • 水彩画
  • ガッシュ
  • ミクストメディアの絵画
  • パステル画
  • 日本画
  • 墨彩画
  • その他の技法の絵画

イメージで探す

  • 現代アート
  • 抽象画
  • 和の絵
  • 猫
  • 花
  • 桜
  • 海
  • ポップアート
  • 馬
  • 富士山
  • 阿蘇や熊本

アート・ギャラリー・
モトカワおすすめ作家

  • 池上壮豊
  • 内藤謙一の水彩画の絵画
  • 朝日みおの銅版画
  • 高橋文平の絵画
  • マイケル・ルーの猫のポップアート
  • 石井清の北欧の絵の絵画や版画
  • コーダヨーコのミクストメディアの絵画
  • 種田山頭火の俳句の世界を描いた小崎侃の木版画
  • 瀬崎正人のクレヨン画の絵画
  • 香月和夫が描いた猫
  • 本庄正彦
  • 熊本が生んだ超人気作家・瀧下和之
  • デビット・シュノイヤー
  • 中野克彦が描いたパリの油絵の絵画
  • 造形作家・西村芳弘の造形作品
  • アノラ・スペンスのシルクスクリーン
  • ブルー・ストーンのポップアート
  • 吉岡浩太郎のシルクスクリーン
  • 吉村明子のシルクスクリーン
  • 若松愛子
  • 田原健二
  • 白駒一樹
  • 南正雄
  • 大場正男
  • 志摩欣哉
  • 島州一
  • あごぱん
  • 絵画に関してよくあるご質問
  • ご購入済みの絵画
  • 写真で見る絵画の飾り方
  • 絵画の基礎知識

お問い合わせは
お気軽にお電話ください

096-322-5222

蘭夢

●画家名:藤島博文

●作品名:蘭夢
●絵のサイズ:W56,7×H40,9cm
●額装サイズ:W80×H63cm
●版画の技法:リトグラフ※詳細
●サイン:作家直筆サインと朱落款
¥150,000-(税込価格)
●納期:7日
※備考

○カートはいつでもキャンセルできます。

額装状況

作家直筆サインと朱落款

作品証明書

額のアップ

○カートはいつでもキャンセルできます。


藤島博文 プロフィール


1941年徳島県美馬郡美馬町に生まれる。
1960年武蔵野美術大学に合格したが、諸事情により断念する。
1961年芸術院会員の日本画家・金島桂華に入門する。
1970年日春展に日本画の絵画が初入選し、以降16回入選する。
1971年日展に日本画の絵画が入選し、以降15回入選する
ヨ−ロッパ、インドを取材旅行する。
1973年文化勲章受賞作家・高山辰雄に師事する。
日春展で日本画の絵画「標本室」が奨励賞を受賞する。
1979年銀座「ラ・ポーラ」にて日本画の絵画の個展を開催する。
以後、日本橋高島屋グループ展等に日本画の絵画を出品する。
1983年日展で日本画の絵画「ドーベルマンと少女」が特選を受賞する。
日春展で日本画の絵画「新雪」が日春賞を受賞する。
1984年日展を無鑑査となる。
文化庁主催の「現代日本画選抜展」に推薦される。
1985年日春展で日本画の絵画「凍田」が奨励賞を受賞する。
1988年日春展で日本画の絵画「新雪」が日春賞を受賞する。
1989年日展で日本画の絵画「休日の駅」が特選を受賞する。
1990年文化庁主催の「現代美術選抜展」に再度推薦される。
オランダをはじめヨーロッパに取材旅行をする。
日展特選受賞記念として日本画の絵画の個展「内なる生命の美を求めて」を四国で開催する。
日展無鑑査出品となり、以降日展の委嘱となる。
1992年月刊文藝春秋グラビアなど各誌に掲載される。
以降朝日、読売、毎日新聞、及び徳島新聞等の各地方紙に紹介される。
中国では人民日報、新華社、北京日報、経済日報、青年日報、及び上海・景徳鎮等の各地方紙に紹介され、また中央電子台等に主演し、日中の文化友好について語る。
1993年四国放送「ふるさとトーク未来21に「蘭王」河野氏と出演する。
日本テレビ、TBS、テレビ朝日、静岡放送等に出演し日本文化の美について語る。
1994年徳島県切久保小学校の校庭の壁画「希望賛歌」を制作する。
1995年日展の審査員となる。
日中文化代表団として訪中する。
1996年徳島県立脇町高校の緞帳「蒼天の譜」を製作する。
1997年日本画の絵画「東天舞」を外務省が買い上げる。
徳島県の阿波特使に委嘱される。
熱海市行財政審議員(主に文化方面について)に委嘱される。
1998年ニッポン放送オールナイトニッポンで松山千春と芸術対談をする。
著書「美感革命」を出版する。
1999年山梨県警察学校人間講座で講演する。
徳島県美馬市藍の蔵美術館に風水四神図を製作する。
2000年三島大社宝物館1周年記念にあたり、宝物館内にて日本画の絵画の個展を開催する。
2004年つくば市に移転する。
2005年中国江西師陶姿工芸美術学院名誉教授並びに景徳鎮市芸術家交流協会名誉研究員となる。
唐詩選より「黄鶴図」が内閣総理大臣の官邸正面玄関に陳列され、小泉総理大臣より感謝状が贈られる。
2007年文科省事業「学校への芸術家等派遣事業」の講師となる。
以降、各小中学校にて日本画指導と地域講演を行う。
2008年日本橋高島屋にて日本画の絵画の個展「気韻生動」を開催する。
2009年大阪医科大にて「医療と東洋美」について講演をする。
天皇陛下御即位二十年奉祝委員会の「代表委員」を委嘱される。
人民日報海外版・日中新聞社文化部顧問となる。
奉祝画「平成鳳凰天来之図」を謹筆する。
宮中にて天皇・皇后両陛下よりお言葉を賜る。

藤島博文さんがリトグラフの版画で制作した和の花の絵「蘭夢」は、1993年にリリースされた蘭の花の絵のリトグラフの版画です。

限定枚数は200部で、本作品はEA番(作家保存版)になります。

アルシュ紙という用紙に24版24色刷りで制作されました。

版画の制作工房はヤマナシ版画工房です。

色彩は全て藤島博文さんの手彩色で、純金箔や砂子なども使用されています。

蘭の葉に止まった赤い頭の鳥、2羽がとても可愛いです。

制作されてから25年以上経過していますが、シミや焼け、色落ち、波うちなど一切ない完璧な保存状態です。

藤島博文さんがリトグラフの版画で制作した和の蘭の花の絵「蘭夢」をぜひご自宅のインテリアやコレクションの絵としてご購入ください。

またお近くにお越しの際にはお気軽に画廊へもお立ち寄りくださいませ。

ご利用案内