原田泰治が木版画で制作した富士山の絵「たこあげ」を通販で販売しています。

全国送料無料

返品OK!

全国送料無料

返品OK!

全国送料無料 返品OK!

絵画・版画の販売の専門店

株式会社アートギャラリーモトカワ

〒861-4101 熊本県熊本市南区近見6丁目1−57
営業時間10:00〜19:00
TEL 096-322-5222 水曜・定休日 info@motokawa.com

お問い合わせは
お気軽にお電話ください

096-322-5222

お問い合わせは
お気軽にお電話ください

096-322-5222

お問い合わせは
お気軽にお電話ください

096-322-5222

  • 画家募集
  • 新入荷の絵画

価格で探す

  • プレゼントやインテリアに最適な1万円以内の絵
  • プレゼントやインテリアに最適な3万円以内の絵画や版画
  • プレゼントやインテリアに最適な5万円以内の絵画や版画
  • プレゼントやインテリアに最適な10万円以内の絵画や版画
  • プレゼントやインテリアに最適な20万円以内の絵画や版画
  • プレゼントやインテリアに最適な30万円以内の絵画や版画
  • プレゼントやインテリアに最適な30万円以上の絵画や版画

版画の作品

  • リトグラフ
  • シルクスクリーン
  • 木版画
  • 銅版画
  • ジークレーの版画
  • その他の技法の版画

絵画の作品

  • 油絵
  • アクリル画の絵画
  • 水彩画
  • ガッシュ
  • ミクストメディアの絵画
  • パステル画
  • 日本画
  • 墨彩画
  • その他の技法の絵画

イメージで探す

  • 現代アート
  • 抽象画
  • 和の絵
  • 猫
  • 花
  • 桜
  • 海
  • ポップアート
  • 馬
  • 富士山
  • 阿蘇や熊本

アート・ギャラリー・
モトカワおすすめ作家

  • 池上壮豊
  • 内藤謙一の水彩画の絵画
  • 朝日みおの銅版画
  • 高橋文平の絵画
  • マイケル・ルーの猫のポップアート
  • 石井清の北欧の絵の絵画や版画
  • コーダヨーコのミクストメディアの絵画
  • 種田山頭火の俳句の世界を描いた小崎侃の木版画
  • 瀬崎正人のクレヨン画の絵画
  • 香月和夫が描いた猫
  • 本庄正彦
  • 熊本が生んだ超人気作家・瀧下和之
  • デビット・シュノイヤー
  • 中野克彦が描いたパリの油絵の絵画
  • 造形作家・西村芳弘の造形作品
  • アノラ・スペンスのシルクスクリーン
  • ブルー・ストーンのポップアート
  • 吉岡浩太郎のシルクスクリーン
  • 吉村明子のシルクスクリーン
  • 若松愛子
  • 田原健二
  • 白駒一樹
  • 南正雄
  • 大場正男
  • 志摩欣哉
  • 島州一
  • あごぱん
  • 絵画に関してよくあるご質問
  • ご購入済みの絵画
  • 写真で見る絵画の飾り方
  • 絵画の基礎知識

お問い合わせは
お気軽にお電話ください

096-322-5222

たこあげ

●画家名:原田泰治

●作品名:たこあげ
●絵のサイズ:W41×H35cm
●額装サイズ:W65,5×H61cm
●版画の技法:木版画 ※詳細
●サイン:原田泰治直筆鉛筆サイン
¥180,000-(税込価格)
●納期:14日
※備考
額に小傷がありますので新品額に交換してお届けします。

○カートはいつでもキャンセルできます。

額装状況

原田泰治直筆鉛筆サイン

限定番号

講談社の作品証明書

額のアップ

○カートはいつでもキャンセルできます。


原田泰治 プロフィール


1940年長野県諏訪市上町に生れる。
1960年武蔵野美術学校本科西洋画専攻に入学する。
1961年武蔵野美術短期大学商業デザイン科に再入学し、商業デザイン全般について本格的に学ぶ。
1964年長野県諏訪市に「ホーコードーデザインスタジオ」を設立する。
1965年デザインの仕事のあいまに伊賀良村で過ごした少年時代をテーマに絵を描き始める。
1973年複十字シールデザインコンクールで特選を受賞する。
旧ユーゴスラビアの素朴画家、イワン・ラブジンを新聞で知り、感銘を受ける。
1980年画文集「草ぶえの詩 心のメルヘン」(講談社)で第29回小学館絵画賞を受賞する。
1982年朝日新聞日曜版フロントページに"日本のふる里"をテーマに絵と文による「原田泰治の世界」を連載する。(1984年まで127回)
1984年「日本の四季を描く 原田泰治の世界展」(朝日新聞社主催)を全国22ヵ所で開催する。
1985年はじめて旧ユーゴスラビアを旅行し、素朴画家イワン・ラブジン氏と会い、交流が始まる。
1987年「ナイーブ三人展・原田泰治とユーゴの仲間たち」(朝日新聞社主催)を日本各地で開催する。
1989年12月から1年半にわたりアメリカ合衆国(サンフランシスコ、シカゴ、ニューヨーク、ホノルル、ロサンゼルス)で、「The World of Taizi Harada,Depicting the Four Seasons of Japan」を開催する。
1991年帰国記念展「原田泰治アメリカを行く」(朝日新聞社主催)を全国10ヵ所で開催する。
1995年「ふるさとの四季を描く 原田泰治の世界展」(朝日新聞社主催)を全国10ヵ所で開催する。
1997年長野冬季オリンピック競技大会文化芸術祭参加プログラム「ふるさと四季の風・原田泰治の世界展」を開催する。
1998年長野県諏訪湖畔に「諏訪市原田泰治美術館」が開館する。
1999年紺綬褒章を受章する。
2000年「原田泰治が描く日本の童謡・唱歌100選展」を全国20会場で開催する。
2001年11月から2002年にわたりブラジル(サンパウロ、リオ・デ・ジャネイロ)にて「原田泰治の世界展」を開催する。
2002年8月から中米(メキシコ、コスタリカ、ニカラグア)にて、絵画展や講演会を開催する。
2008年上田電鉄1000系電車のラッピング車両「自然と友だち」のデザインを担当する。
諏訪市原田泰治美術館の入館者が100万人を達成する。
ふるさと切手「ふるさと心の風景」シリーズが全国発売される。
2009年第14回NHK関東甲信越地域放送文化賞を受賞する。
2011年財団法人逓信協会第56回前島賞を受賞する。
2013年上田創造館 新生「上田市」5周年記念・被災地復興支援/原田泰治の世界展in上田2012が開催される。
長野県景観審議会専門選定委員(ふるさと信州風景百選)に委嘱される。
2014年上田市交流・文化施設「サントミューゼ」のロゴ・マークデザインを担当する。

原田泰治さんが木版画で制作した富士山の絵「たこあげ」は、1989年に制作された木版画です。

60版65色で、用紙は越前和紙・鳥の子紙が使用されました。

彫師は四代目大倉半兵衛、摺り師は高木省治という、この当時の最高水準の布陣で、講談社からリリースされました。

原田泰治さんはこの木版画作品に寄せて次のようなコメントを添えています。



「澄んだ空に雄大な姿をくっきりと際立たせた雪の富士山のすそ野に、
山梨県南都留郡忍野(おしの)村がある。
お正月を迎えた村は、新雪がひなびた風景をやさしく包んでいた。
静けさは、小川の流れが聞こえてくるほどで、たこあげする子供たちのはしゃぎ声が村内に響く。
私の子供のころは、お正月が近くなると、たこ作りが始まった。
竹を細く割り、ガラスのかけらで丁寧に削って、ヒゴを作った。
組んだ骨に障子紙を張り、自分で思い思いの絵や文字をかいた。
糸の付け方も難しく、何べんも失敗したのち、新聞紙を細く切った尾をつけ、
北風吹く冬空にあげるまでには、何日もかかった。
勢いづいたたこは、しもやけの手をぐんぐん引いた。
その昔、この辺一帯は湖水で、富士山の爆発でせき止められた湖がかれ、
地下水の出口が一部に残って、湧き水となり、富士山のしぼり水と呼ばれ、
人々の生活に役立っている。
忍野は富士山がはぐくんだ村であり、どのたこも富士山に見守られ舞っていた。」



原田泰治さんの人間性が伝わって来るような素敵なコメントです。

この富士山の絵の木版画「たこあげ」は、今となっては非常に珍しい原田泰治さんの直筆鉛筆サインの入った木版画です。

現在の原田泰治さんの版画作品はジークレー(ピエゾグラフ)と呼ばれるデジタルな技法で制作され、サインは刷り込み印刷サインになっています。

超が付くほどの人気作家になってしまったので、仕方がないのかもしれません。

制作されてから30年以上の月日が経っていますが、染みや焼け、波うち、色落ちなど一切ない完璧な保存状態です。

額装もほとんど問題は無いのですが、小傷が多少ありますので、新品額に交換してお届けいたします。

原田泰治さんが木版画で制作した富士山の絵「たこあげ」をぜひご自宅のインテリアやコレクションの絵としてご購入ください。

またお近くにお越しの際にはお気軽に画廊へもお立ち寄りくださいませ。

ご利用案内