中島千波がリトグラフの版画で制作した和の桜の絵「樹霊淡墨桜」を通販で販売しています。

全国送料無料

返品OK!

全国送料無料

返品OK!

全国送料無料

返品OK!

絵画・版画の販売の専門店

株式会社アートギャラリーモトカワ

〒861-4101 熊本県熊本市南区近見6丁目1−57
営業時間10:00〜19:00
TEL 096-322-5222 水曜・定休日 info@motokawa.com

お問い合わせは
お気軽にお電話ください

096-322-5222

お問い合わせは
お気軽にお電話ください

096-322-5222

お問い合わせは
お気軽にお電話ください

096-322-5222

  • 画家募集
  • 新入荷の絵画

価格で探す

  • プレゼントやインテリアに最適な1万円以内の絵
  • プレゼントやインテリアに最適な3万円以内の絵画や版画
  • プレゼントやインテリアに最適な5万円以内の絵画や版画
  • プレゼントやインテリアに最適な10万円以内の絵画や版画
  • プレゼントやインテリアに最適な20万円以内の絵画や版画
  • プレゼントやインテリアに最適な30万円以内の絵画や版画
  • プレゼントやインテリアに最適な30万円以上の絵画や版画

版画の作品

  • リトグラフ
  • シルクスクリーン
  • 木版画
  • 銅版画
  • ジークレーの版画
  • その他の技法の版画

絵画の作品

  • 油絵
  • アクリル画の絵画
  • 水彩画
  • ガッシュ
  • ミクストメディアの絵画
  • パステル画
  • 日本画
  • 墨彩画
  • その他の技法の絵画

イメージで探す

  • 現代アート
  • 抽象画
  • 和の絵
  • 猫
  • 花
  • 桜
  • 海
  • ポップアート
  • 馬
  • 富士山
  • 阿蘇や熊本

アート・ギャラリー・
モトカワおすすめ作家

  • 池上壮豊
  • 内藤謙一の水彩画の絵画
  • 朝日みおの銅版画
  • 高橋文平の絵画
  • マイケル・ルーの猫のポップアート
  • 石井清の北欧の絵の絵画や版画
  • コーダヨーコのミクストメディアの絵画
  • 種田山頭火の俳句の世界を描いた小崎侃の木版画
  • 瀬崎正人のクレヨン画の絵画
  • 香月和夫が描いた猫
  • 本庄正彦
  • 熊本が生んだ超人気作家・瀧下和之
  • デビット・シュノイヤー
  • 中野克彦が描いたパリの油絵の絵画
  • 造形作家・西村芳弘の造形作品
  • アノラ・スペンスのシルクスクリーン
  • ブルー・ストーンのポップアート
  • 吉岡浩太郎のシルクスクリーン
  • 吉村明子のシルクスクリーン
  • 若松愛子
  • 田原健二
  • 白駒一樹
  • 南正雄
  • 大場正男
  • チョン・ドンジュ
  • 絵画に関してよくあるご質問
  • ご購入済みの絵画
  • 写真で見る絵画の飾り方
  • 絵画の基礎知識

お問い合わせは
お気軽にお電話ください

096-322-5222

樹霊淡墨桜

●画家名:中島千波

●作品名:樹霊淡墨桜
●絵のサイズ:W78,1×H38,8cm
●額装サイズ:W103×H65cm
●版画の技法:リトグラフ ※詳細
●サイン:中島千波直筆鉛筆サインと落款
¥370,000-(税込価格)
●納期:7日
※備考

○カートはいつでもキャンセルできます。

額装状況

中島千波直筆鉛筆サインと落款

限定番号

額のアップ

○カートはいつでもキャンセルできます。


中島千波 プロフィール


1945年長野県、小布施に生まれる。
1969年東京芸術大学美術学部・日本画科を卒業する。
1971年東京芸術大学大学院を修了する。
1979年山種美術館賞展で日本画の絵画により優秀賞を受賞する。
1992年おぶせミュージアム・中島千波美術館が開館する。
2000年東京芸術大学美術学部・教授に就任する。
2004年成田山東京別院深川不動尊の仏殿に約200畳大の天井画を完成させる。
2009年大三島西向山万福寺の障壁画「春輝枝垂れ桜」が完成する。

日本画家・中島千波さんがリトグラフの版画で制作した和の桜の絵「樹霊淡墨桜」は、1996年に制作された和の桜の絵です。

27版28色摺りで限定枚数250部が制作された和の桜の絵です。

制作は田中版画工房で、用紙はヴェラン・アルシュ紙です。

この和の桜の絵のリトグラフの版画は、中島千波さんの同名の日本画の絵画を原画として制作されました。

現在、この日本画の絵画は中島千波さんの美術館「おぶせミュージアム」に収蔵されています。

この和の桜の絵のモチーフになった淡墨桜は、日本の三大桜の一つです。(ほかには三春の瀧桜、山高神代櫻)

岐阜県の根尾村にある江戸彼岸桜で、根元の周囲が11,5m、樹齢が千数百年と言われている巨樹です。

つぼみの時は淡紅色で、開花すると淡い墨色に変わることから淡墨桜の名が付けられました。

昭和24年に根つぎをして枯死寸前の木を生き返らせた話は特に有名です。

この和の桜の絵のリトグラフの版画は、発売当時あまりにも人気が出すぎて、リリースされるとすぐに売り切れてしまいました。

その後、シルクスクリーンの版画や木版画で色やサイズを変えて制作されましたが、最初にリリースされたのが本作品です。

中島千波さんの和の桜の絵を代表する逸品だと思います。

中島千波さんがリトグラフの版画で制作した和の桜の絵「樹霊淡墨桜」をぜひご自宅のインテリアやコレクションの絵としてご購入ください。

またお近くにお越しの際にはお気軽に画廊へもお立ち寄りくださいませ。

ご利用案内