版画のジークレーで津田耕が制作した絵「テディベア」を販売しています。

全国送料無料

返品OK!

全国送料無料

返品OK!

全国送料無料

返品OK!

絵画・版画の販売の専門店

株式会社アートギャラリーモトカワ

〒861-4101 熊本県熊本市南区近見6丁目1−57
営業時間10:00〜19:00
TEL 096-322-5222 水曜・定休日 info@motokawa.com

お問い合わせは
お気軽にお電話ください

096-322-5222

お問い合わせは
お気軽にお電話ください

096-322-5222

お問い合わせは
お気軽にお電話ください

096-322-5222

  • 画家募集
  • 新入荷の絵画

価格で探す

  • プレゼントやインテリアに最適な1万円以内の絵
  • プレゼントやインテリアに最適な3万円以内の絵画や版画
  • プレゼントやインテリアに最適な5万円以内の絵画や版画
  • プレゼントやインテリアに最適な10万円以内の絵画や版画
  • プレゼントやインテリアに最適な20万円以内の絵画や版画
  • プレゼントやインテリアに最適な30万円以内の絵画や版画
  • プレゼントやインテリアに最適な30万円以上の絵画や版画

版画の作品

  • リトグラフ
  • シルクスクリーン
  • 木版画
  • 銅版画
  • ジークレーの版画
  • その他の技法の版画

絵画の作品

  • 油絵
  • アクリル画の絵画
  • 水彩画
  • ガッシュ
  • ミクストメディアの絵画
  • パステル画
  • 日本画
  • 墨彩画
  • その他の技法の絵画

イメージで探す

  • 現代アート
  • 抽象画
  • 和の絵
  • 猫
  • 花
  • 桜
  • 海
  • ポップアート
  • 馬
  • 富士山
  • 阿蘇や熊本

アート・ギャラリー・
モトカワおすすめ作家

  • 池上壮豊
  • 内藤謙一の水彩画の絵画
  • 朝日みおの銅版画
  • 高橋文平の絵画
  • マイケル・ルーの猫のポップアート
  • 石井清の北欧の絵の絵画や版画
  • コーダヨーコのミクストメディアの絵画
  • 種田山頭火の俳句の世界を描いた小崎侃の木版画
  • 瀬崎正人のクレヨン画の絵画
  • 香月和夫が描いた猫
  • 本庄正彦
  • 熊本が生んだ超人気作家・瀧下和之
  • デビット・シュノイヤー
  • 中野克彦が描いたパリの油絵の絵画
  • 造形作家・西村芳弘の造形作品
  • アノラ・スペンスのシルクスクリーン
  • ブルー・ストーンのポップアート
  • 吉岡浩太郎のシルクスクリーン
  • 吉村明子のシルクスクリーン
  • 若松愛子
  • 田原健二
  • 白駒一樹
  • 南正雄
  • 大場正男
  • 志摩欣哉
  • 島州一
  • 絵画に関してよくあるご質問
  • ご購入済みの絵画
  • 写真で見る絵画の飾り方
  • 絵画の基礎知識

お問い合わせは
お気軽にお電話ください

096-322-5222

テディベア

●画家名:津田 耕

●作品名:テディベア
●絵のサイズ:W14×H11,5cm
●額装サイズ:W36×H30cm
●版画の技法:ジークレー ※詳細
●サイン:刷り込み印刷サイン
¥9,450-(税込価格)


○カートはいつでもキャンセルできます。

額装状況

刷り込み印刷サイン

限定番号

額のアップ

○カートはいつでもキャンセルできます。


津田耕 プロフィール


1923年大阪府岸和田市に生まれる。
京都高等工芸学校(現:京都工芸繊維大学)に学ぶ。
1952年積水化学に入社する。
1959年アートハウスを設立する。
1974年スタジオパレットを設立する。
1992年大阪(梅田)、名古屋にて絵画の個展を開催する。
1993年大阪(梅田)、東京ブルーノート、京都、金沢、大阪MBSギャラリーにて絵画の個展を開催する。
1997年シーディーシーを設立する。
2002年BSデジタルラジオ320chJFN1BSジャズギャラリーにて「津田耕ジャズの世界」の放送を開始する。
2003年12月没(享年80歳)
【賞歴】日宣美奨励賞
毎日産業デザイン賞
日経広告賞
産経児童出版賞
日本絵本講談社絵本賞

版画のジークレーで制作された津田耕さんの絵「テディベア」は、にっこりとほほ笑んだテディベアがとても可愛いジークレーの版画です。

このジークレーの版画「テディベア」は、2003年に亡くなられた津田耕さんが生前に描いた絵を元にして、版権所有者の遺族の方がジークレーの版画としてリリースしたものです。

たぶん原画は水彩画だと思いますが、津田耕さんらしい優しい絵です。

ところで、テディベアという熊のぬいぐるみの名前の由来は、第26代アメリカ合衆国大統領セオドア・ルーズベルトに由来していることはご存知ですか。

1902年の秋、ルーズベルト大統領は趣味である熊狩りに出かけましたが、獲物をしとめることができませんでした。

そこで同行していたハンターが年老いた雌熊(一説には傷を負った子熊)のアメリカグマを追いつめて最後の1発を大統領に頼みましたが、ルーズベルトは「瀕死の熊を撃つのはスポーツマン精神にもとる」として撃ちませんでした。

このことが同行していた新聞記者のクリフォード・ベリーマンによって記事にされ「ワシントン・ポスト」紙に挿絵入りで掲載されました。

挿絵のベアは、その当時「ベリーマンベア」と呼ばれました。

このルーズベルトの逸話に触発されて、モリス・ミットムがアイデアル社(Ideal Novelty & Toy)を興し、熊の縫いぐるみを製造したのが、アメリカ国内初のテディベア・メーカーと言われています。

テディベアが今でも世界中で愛されているのは、こういった逸話にも関係しているのでしょう。

テディベアがお好きな方にプレゼントするととても喜ばれそうなジークレーの版画です。

版画のジークレーで制作された津田耕さんの絵「テディベア」をぜひご自宅のインテリアやプレゼントの絵としてご購入ください。

またお近くにお越しの際にはお気軽に画廊へもお立ち寄りくださいませ。。

ご利用案内